一般事務職の書類作成をお手伝いする総合情報サイト

>

企業が求める人材においてPC基本操作スキルは当たり前なので…

一般事務の仕事内容って何だろう?

昔のイメージでいう一般事務の仕事は、上司が書いた書類の清書、お客様に送付する定型文書の発送、コピー撮り、製本作業、ファイリング、社外から来た方の受付・お茶出し、電話対応等でしたが、パソコンが普及して、ワープロソフトや集計ソフトが出てからというもの業務が更に倍増してきた様です。
元々管理職が作成した文書の清書が一般事務の業務の中にあった為、管理職が予めパソコンで書類を作成の上保存したものを見直すという「校正」業務が追加され、文書の作成時間が短くなるとその分を管理職の部署に所属している社員が作成した文書の校正も依頼される様になり、且つ挨拶文書等の雛型の作成も依頼され、更に送付先のお客様・社員の連絡先の管理が加わり、送付文書や作成文書のファイリング業務もありますから、その一覧表を作成の上管理したり「名刺」の原本の作成や名刺の受発注も…と、今や枚挙にいとまがない程業務が増えている状況です。

増え続ける兼任業務(一般事務の特徴)

一般事務の仕事は社員のサポート業務という事から、広い業務範囲という特徴を持っています。
その業務範囲の広さから人件費を抑えたい企業としては受付事務・総務事務・人事事務・経理事務等を兼任させている所も増えてきました。
また、誰にでも出来る業務という事から正社員として採用されるケースは最近減っているというのが現状です。
要するに上記に挙げた受付・秘書・総務・人事・経理等の専門的な知識と経験を必要とする立場に正社員をおき、各部門のサポート業務を一般事務の非正規社員が行っているという事です。
そういった事から企業が一般事務の人材に求めるスキルはコミュニケーションスキルとパソコンの基本操作スキルは必須条件となっているので、ある程度のパソコン操作は出来ないとお話にならないという状況です。


この記事をシェアする